今秋開かれる茨城国体・全国障害者スポーツ大会の機運を盛り上げるため、JR日立駅中央口前に4日、両大会のマスコットキャラクター「いばラッキー」をデザインした黄色いラッピングポストがお目見えした。県内では5カ所目で、障害者スポーツ大会閉幕まで設置される。

ラッピングポスト設置に合わせ、除幕式が同日、現地で開かれた。日立郵便局の橋本公彦局長は「45年ぶりの茨城国体に加え、日立市の市制施行80周年もある。ダブルのイベントの年に、ラッピングポスト設置で地域を大いに盛り上げたい」とあいさつ。梶山隆範副市長は「郵便を通して市のイメージや思い出が全国に届き、地域活性化につながると確信している...    
<記事全文を読む>