2020年東京五輪・パラリンピックのボート競技の事前合宿誘致に取り組んできた宮城県登米市は5日、ポーランドが来年夏に県長沼ボート場で合宿すると発表した。県内で事前合宿が決まったのは、ベラルーシ(新体操)の白石、柴田両市町、パラオ(柔道など)の蔵王町に次いで3カ所目。
 市教委によると、合宿は五輪ボート競技直前の20年7月10~20日の11日間。選手25人とスタッフ15人の計40人が市内に宿泊し、長沼ボート場やクラブハウス、体育施設などで練習や最終調整を行う。
 市は、ポーランドのホストタウンとして国に登録申請する。チームを支援するため市民による実行委員会を組織して交...    
<記事全文を読む>