アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは4日、日光市松原町のバックスジムで若手中心のチームトレーニングを開始し、今季開幕に向けて始動した。

 日本代表メンバーと外国人選手を除く12選手が参加。今季就任した松田堅太郎(まつだけんたろう)トレーナーの指導の下、2時間ほど体幹強化や下半身の筋力アップのメニューに取り組んだ。

 昨季リーグは8チーム中7位と低迷しプレーオフ進出を逃した。3季目のアリペッカ・シッキネン監督は、例年より1カ月早く来日してトレーニングを見守る力の入れよう。「選手たちはよくハードワークしていた。まずはチームがまとまることが大切」と...    
<記事全文を読む>