日本体育大(東京都)の体操競技部の選手らを招いたスポーツ交流会が一日、郡上市八幡町の五町社会体育施設で開かれた。国内トップクラスの選手が高難度の技を披露し、体操競技に励む子どもたちは一層の上達に向けて大きな刺激を受けた。

 スポーツ振興のため、日体大と郡上市の連携・協力協定の締結の一環で、市が今春改修した同体育施設で交流会を開いた。施設を利用する郡上八幡体操クラブや体操に興味のある子どもたち、地元の住民ら計二百人ほどが参加した。

 同部のコーチで北京五輪の体操男子団体総合銀メダリストの中瀬卓也さんが、男子二選手と女子二選手を紹介し、各選手らが種目別に演技を見せた...    
<記事全文を読む>