日本ラグビー協会は3日、7~8月のパシフィック・ネーションズカップ(PNC)を控えて9日から宮崎市で合宿に入る日本代表を発表し、フランカーのリーチ主将(東芝)、FW第3列の姫野(トヨタ自動車)ら42人が選ばれた。ヤマハ発動機からはプロップ山本とロックのヘルが入り、フランカーの徳永(東芝、浜松市出身)も名を連ねた。W杯の最終登録31人は今回のメンバーを軸に選ばれる。
 2015年ワールドカップ(W杯)代表のWTB山田(NTTコミュニケーションズ)やCTB立川(クボタ)は外れた。
 昨年12月に発表された3次候補以外からはW杯3大会に出場した38...    
<記事全文を読む>