みんなでスクラムを組もう-。9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を前に、開催地の熊谷市を盛り上げる新たなスローガン「スクマム!クマガヤ」がお披露目された。ラグビーボールを手に、2匹のシロクマが肩を組むシンボルマークも誕生。W杯の試合会場となる同市上川上の県営熊谷ラグビー場で2日に開かれた「第27回埼玉ラグビーフェスティバル」(関東ラグビーフットボール協会主催)で、制作した「ワンチームクマガヤ推進委員会」のメンバーらがキックオフ宣言し、ラグビータウンのさらなる飛躍を誓った。

 「スクマム」はスクラムと熊谷を組み合わせた造語。推進委の松本邦義委員長(54)は「ラ...    
<記事全文を読む>