岡山県内が卓球ブームに沸いている。日本人選手が五輪や世界選手権で活躍したことで注目度がアップ。昨年誕生した卓球プロリーグ・岡山リベッツのTリーグ準優勝も追い風だ。新聞やテレビなどで取り上げられる機会も急増し、“地味なスポーツ”のイメージが一転。誰もが楽しめる身近なスポーツとして、子どもから高齢者まで幅広い世代に受け入れられている。県内の卓球関係者は空前のブームを逃すまいと、さらなるファン獲得にも動く。人気の背景や県内の動きを探った。

 「ラケットを出すタイミングをもっと早く」。ピンポン玉が跳ねるリズミカルな音が響く中、岡山リベッツの白神宏佑...    
<記事全文を読む>