障害者のクライミング競技「パラクライミング」の世界王者小林幸一郎さん(51)が講師を務めるクライミング体験会が二日、富山市上冨居のリッジラインボルダリングジムであった。(酒井翔平)

 小林さんは二〇一一年のパラクライミング選手権の視覚障害男子で初優勝し、現在三連覇中。クライミング普及に取り組むNPO法人モンキーマジックの代表理事も務めている。障害者のアウトドア活動を支援するボランティア団体「富山三つ星山の会」の依頼を受け、北陸では初となる体験会を実施した。

 視覚障害がある会員ら十二人が挑戦した。パートナーの声を頼りに高さ四メートルの壁に取り付けられたホールド(...    
<記事全文を読む>