2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、来年3月26日から47都道府県を巡る五輪聖火リレーのルート概要を発表した。本県での聖火リレーは6月7、8日の35番目で、新潟県から本県入りする。ホストタウン登録自治体を中心に計18市町を通過するルートが設定された。市町ごとの詳細なコースは今後検討され、県は本県ならではの食や歴史遺産の魅力を広く発信するルートとしたい考えだ。

 通過する市町はリレー順に7日が西川町、寒河江市、河北町、白鷹町、長井市、高畠町、米沢市、南陽市、上山市、山形市。8日が天童市、東根市、村山市、尾花沢市、新庄市、鶴岡市、遊佐町、酒田市。ホストタウンに登...    
<記事全文を読む>