二〇二〇年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が一日発表した聖火リレーのルートの概要で、県内は前橋市や富岡市、草津町、上野村など十五市町村が選ばれた。三月三十一日と翌日の四月一日の二日間で約三十二キロを約二百人がリレーする。コースの詳細は現在調整中で、聖火ランナーは今後募集する。

 (市川勘太郎)

 組織委は実施する市町村とともに、見どころを発表した=表。

 三月三十一日は館林市を出発し、大泉町、太田市、上野村、桐生市、伊勢崎市を経て前橋市に向かう。同市のヤマダグリーンドーム前橋で聖火を祝うセレブレーションイベントがある。

 二日目の四月一日は渋川市...    
<記事全文を読む>