平和や希望を象徴する五輪の聖火リレー。どうすればトーチをつなぐ走者になれるのか。2020年東京大会で聖火ランナーになりたい人のため、各都道府県とスポンサー企業4社は一般公募を始める。日本コカ・コーラは17日、トヨタ自動車と日本生命保険、NTTの3社は24日、都道府県実行委は7月1日から募集を開始する予定だ。

 まず08年4月1日以前に生まれているのが条件だ。大会を中学1年生として迎える子どもが最も若いランナーとなる可能性がある。来年3月1日時点で18歳未満の場合は保護者の同意が必要。性別や国籍は問われない。

 走りたい都道府県に住んだことがある、通勤・通学先があ...    
<記事全文を読む>