2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は1日、全国を巡る聖火リレーのうち、足利から宇都宮まで計16市町を通過する本県ルートを発表した。本県は全国2番目として20年3月29、30の2日間に実施され、1日目は足利、佐野、小山、茂木、栃木、上三川、真岡、那須烏山の8市町の順番で走る。2日目は那須、さくら、益子、那須塩原、壬生、日光、鹿沼、宇都宮の8市町が選定された。

...    
<記事全文を読む>