高校時代に骨肉腫で右脚を切断し、義足で暮らす兵庫県多可町加美区の小林英喜さん(59)が26、27日に同県加東市内で開かれる「全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権」に出場する。55歳以上の男性を対象とする一般の大会で約2100人中、予選を通過した約160人の中に残った。「障害者代表の気持ちで頑張りたい」と強い決意で臨む。

 182センチの長身。元々は野球少年で、高校は強豪校への進学を目指していたが、中学で膝の痛みが強くなって断念。多可高校で野球を続けたが、17歳の時、若年層に多いがん、骨肉腫が発覚した。太ももから下の切断を余儀なくされた。

 「楽しいことは何も...    
<記事全文を読む>