陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は29日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子の400メートル障害は安部孝駿(ヤマダ電機、岡山・玉野光南高出)が2020年東京五輪の参加標準記録を破る48秒80で2年ぶりに制した。女子100メートル障害は木村文子(エディオン)が13秒14で2年ぶり6度目の優勝。2人は世界選手権代表に決まった。

...    
<記事全文を読む>