第90回県陸上選手権大会は28日、県総合運動公園陸上競技場で開幕し、男子400メートルは小竹理恩(こたけりおん)(早大)が47秒25の大会新記録で2連覇を果たした。

 ほか2種目で大会新記録が誕生し、男子走り幅跳びの吉沢尚哉(よしざわなおや)(滝沢ハム)が7メートル61で5連覇を達成。同400メートルリレーの作新大は40秒17をマークし、前回大会に樹立した大会記録を自ら塗り替えて3連覇した。

 女子はやり投げの郡司美奈子(ぐんじみなこ)(国士舘大)が45メートル65で4連覇した。

...    
<記事全文を読む>