陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は28日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝は日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が大会新記録の10秒02で2年ぶり2度目の優勝を果たし、世界選手権代表に決まった。

 向かい風0・3メートルで、桐生祥秀(日本生命)が10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位。多田修平(住友電工、関学大出)は10秒29で5位だった。

 女子走り幅跳びは秦澄美鈴(シバタ工業、武庫川女大出)が6メートル43で初の栄冠を手にした。3連覇を狙った高良彩花(筑波大、...    
<記事全文を読む>