プロランナーで元県庁職員の川内優輝さん(32)が昨年4月のボストンマラソンで優勝した副賞として、さいたま緑のトラスト協会(太田猛彦理事長)に1万ドル(約106万円)を寄付したことを受け、同協会は川内さんに感謝状を贈呈した。

 贈呈式はさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催された「さいしんビジネスフェア」の中で行われた。

 川内さんは贈呈式で「優勝直後に寄付先を決めるよう言われ、思い浮かんだのが緑のトラストだった」と振り返り、「埼玉に何か寄付したいという思いがあったのだと思う」と笑顔で語った。

 同協会の太田理事長は「有名選手からの寄付に驚...    
<記事全文を読む>