3人制ハーフコートバスケットボールの第6回小学生3×3(スリー・バイ・スリー)選手権は、29日の二戸地区を皮切りに7月中旬まで県内10会場で地区予選会が開かれる。254(男子137、女子117)チームが県大会(8月31日、奥州市総合体育館)の出場権(男女各48チーム)を懸けて争う。

 参加チームが3年連続で250を上回り、大会が定着してきた。男子の最多エントリーは花巻・紫波地区の28で県大会枠10を争う。女子の最多は奥州地区の23で同11が与えられた。地区予選会は敗者復活戦を含むトーナメント戦で行われる。

 今大会は2020年東京五輪の競技となった3...    
<記事全文を読む>