バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)三遠ネオフェニックスの北郷謙二郎社長は25日、愛知県豊橋市役所で記者会見し、2019~20年シーズンのホームゲーム(浜松アリーナなど)で、1試合平均2700人の観客動員を目指すと発表した。
 4月に終了した18~19年シーズンの動員は前身のbjリーグ時代を含め、過去10年で最高の1試合平均2417人。それでも同リーグ18チーム中15位だったが、前シーズンから約16%増と健闘。北郷社長は「(Bリーグ平均である)3千人にできるだけ近づけたい」と強調し、浜松市など県内でも地域貢献やコミュニティー活動に力を入れ、ファンの拡大を図る方針を示した。...    
<記事全文を読む>