レバンガ北海道と来季の契約を結んだ、スモールフォワードの桜井良太が4日、札幌市内のチーム事務所で記者会見を開いた。左足首の負傷に悩まされた今季を振り返りつつ、「来季は悔いのない、今までで一番納得できるシーズンにしたい」と意気込んだ。

 2018~19年シーズンの最終戦で負傷した左足首が完治せず、今季は片足でのジャンプもできない状態で試合に臨んだ。その影響もあり、1試合平均3・9得点、1・9アシストと不振にあえいだ。持ち味のファウルをいとわないハードワークも鳴りを潜め、「今までのキャリアの中で、最も苦しいシーズンだった」と振り返る。

 それだけに来季に懸ける思いは...    
<記事全文を読む>