サッカー女子なでしこリーグ1部カップ戦の1次リーグ第8節第1日は29日、長野Uスタジアムなどで3試合が行われ、A組のAC長野パルセイロ・レディースは最下位の日体大に0―1で負け、4連敗を喫した。勝ち点6で同組4位のAC長野は、2試合を残して1次リーグ敗退が決まった。

 須坂市出身の高卒ルーキーMF山岸が初先発。FW鈴木陽はコンディション不良のため後半31分から途中出場した。

 AC長野は前半、パスをつなげて惜しい場面をつくったが、39分に日体大のFW江崎に先制ゴールを許した。後半の攻撃は迫力に欠き、無得点で終わった。観客数は1111人。

 第9節は7月...    
<記事全文を読む>