サッカー・J1サガン鳥栖の高橋義希選手(34)と高橋秀人選手(31)は26日、応援してくれる県民と交流を深めようと、佐賀市の兵庫小を訪問した。5、6年生約250人が出迎え、2選手は自身の小学生時代や夢について語り、児童からの質問にも答えた。

 県内に拠点を置くサガン鳥栖は、同校の児童にとっても身近な存在。「試合を見に行ったことがあるか」と先生が尋ねると、ほぼ全員が手を上げた。

 義希選手は小学生時代を振り返り「好きなことを見つけてやり続けてほしい。それがみんなの道になる」と助言した。秀人選手は「ピンチはチャンス」と話し、「先生が怒ってくれるのは、アドバイスしてく...    
<記事全文を読む>