サッカーJ2・モンテディオ山形の本拠地を想定した新スタジアムについて、整備基本計画を策定した「新スタジアム推進事業株式会社」は26日、スタジアム建設に向けた業務を株式会社モンテディオ山形に委託すると発表した。クラブ側と一体となり、新スタジアムを実現する動きを活発化させる。

 同日、山形市で開いた臨時取締役会で決めた。委託内容は▽県をはじめとする自治体、外郭団体、県民、サポーターらへの事業説明と推進活動▽国、県、市町村との情報連携▽整備基本計画の掘り下げ―などの支援とした。委託期間は2019年7月~20年3月。代表取締役の寒河江浩二県経営者協会長(山形新聞社長)は「...    
<記事全文を読む>