仙台の石原崇が先制の逸機を悔やんだ。後半30分、ゴール右上へ狙い澄ましたミドルシュートがGKの好セーブに阻まれた。「手応えはあった。あれを確実に決めないといけない」
 後半に「3-5-2」の布陣変更で動きのギアが上がった。左サイドに張ってドリブル突破やクロスで好機を演出。「多様な布陣を迷いなくできれば、試合を優位に進められる」と収穫を見いだした。

...    
<記事全文を読む>