サッカーU-18(18歳以下)日本代表に神戸弘陵高3年のDF田平起也(たつや)が選ばれ、13日までポルトガル・リスボンであった国際大会に出場した。センターバックとして全2試合に先発したが、全敗に終わり「攻守の切り替え、パススピード。細かな差を大きく感じた」と世界基準を体に染み込ませた。

 大阪府八尾市出身で、C大阪U-15から神戸弘陵高へ。副主将となった3年生からレギュラーに定着し、「チームを引っ張る責任感がプレーに出るようになった」という。186センチの大柄な体格を生かした守備や、高精度の左足キックが攻撃の起点として機能。日本サッカー協会のスタッフの目にも留まり、初めて世...    
<記事全文を読む>