サッカー元スペイン代表で現役引退を表明したJ1鳥栖のフェルナンドトーレス(35)が23日、東京都内で会見した。2001年のプロデビューから多くの欧州クラブでプレー。W杯3大会に出場し、10年南アフリカ大会で優勝を経験した。18年途中に鳥栖入りし、今年が日本で2シーズン目だった。

 会見でのやりとりは以下の通り。(1からつづく)

-引退を決めた経緯、理由と時期は

 先ほども言いましたが、私は常に高い意識を持ち高いレベルを求めてサッカーをやってきました。今現在の状況でそこの求めているレベルに達していないなと感じたのが一つの理由です。その中で自分の体のこと...    
<記事全文を読む>