明治安田J3第13節第2日は23日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場などで7試合を行い、前節14位のAC長野パルセイロはYS横浜に0―3で大敗した。4試合白星がなく、勝ち点13で福島、秋田と並んだが、得失点差で初の最下位(18位)に転落した。

 AC長野は前節から先発を3人入れ替え、ワントップの宇野沢が10試合ぶり、ボランチの岩沼が7試合ぶりに先発。前半1分、前線で奪われてカウンターから先制を許すと、同21分には遠藤のパスミスから失点。後半はシステム変更や選手交代で攻勢を強めたが得点できず、45分にPKで失点した。

 第14節は29、30日。AC...    
<記事全文を読む>