サッカー元スペイン代表で現役引退を表明したJ1鳥栖のフェルナンドトーレス(35)が23日、東京都内で会見した。2001年のプロデビューから多くの欧州クラブでプレー。W杯3大会に出場し、10年南アフリカ大会で優勝を経験した。18年途中に鳥栖入りし、今年が日本で2シーズン目だった。

 会見でのやりとりは以下の通り。

 (冒頭であいさつ)

 皆さま、おはようございます。本日は私の引退会見にお集まりいただき本当にありがとうございます。私はサッカー選手としての人生を引退することを決意しました。私のラストマッチについても決めました。ラストマッチは8月23日、ヴィ...    
<記事全文を読む>