J2大宮アルディージャのMFで石川俊輝選手(27)が20日、さいたま市の岩槻区役所で沼尻裕一区長を表敬訪問した。さいたま市岩槻区出身の地元の星は、2年ぶりのJ1昇格へ意欲を燃やしている。

 石川選手は市立東岩槻小学校から桜山中学、県立岩槻高校、東洋大学を経て、2014年に湘南ベルマーレへ入団。大宮ジュニアユースなどでも5年間プレーし、今シーズンからユース時代を過ごした大宮に復帰している。

 森正志代表取締役社長と訪問した石川選手は「試合より緊張する」と日焼けした顔に汗を浮かべながら、「岩槻区のPR選手として地元さいたまでプレーできるのは光栄。もっと岩槻を知っても...    
<記事全文を読む>