サッカーJ2で最下位の二十二位と低迷するFC岐阜は十九節の二十二日、山口市の維新みらいふスタジアムで、レノファ山口FC(十九位)と対戦する。大木武前監督の退任に伴い、十八日に就任した北野誠新監督が指揮を執る初戦で、連敗ストップを目指す。

 前節の大宮戦は、終了間際に決勝点を奪われて六連敗。新監督は「守備で自信を持たせたい」と就任早々、ゾーンディフェンスの確認などに着手した。先発メンバーは「自分が(特徴を)知っている選手を使いたい」と話し、前節とは大きな変化がありそうだ。

 対戦相手の山口は、昨季まで岐阜の主力だったFW田中パウロ淳一選手が所属し、攻撃力を持ち味に...    
<記事全文を読む>