サッカー日本代表で神戸市北区出身の昌子源選手(26)が18日、兵庫県姫路市上大野7の姫路独協大学サッカー場を訪れ、サッカー教室に来ていた小学生らと交流した。ミニゲームで汗を流した後、サインや記念撮影に応じて子どもや保護者らを喜ばせた。

 昌子選手はJ1鹿島アントラーズ時代の2018年にワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場し、守備の要として活躍。今年1月からはフランス1部トゥールーズに所属している。

 交流したのはサッカー教室「チェント・クオーレ」の子どもたち。同大サッカー部の監督でもある父の力さん(56)が指導している縁で実現した。

 ミニゲームに...    
<記事全文を読む>