アウェーの悪弊を再び露呈した。仙台は好機を決め切れず、逆にミスから失点。湘南に屈した昨季に続き、アウェーゴールも奪えない厳しいプレーオフのスタートとなった。
 攻撃の組み立ては悪くなかった。渡辺監督が「最終ラインが浅い」と言う名古屋守備陣の裏を突き、縦パスをワントップのハモンロペスに合わせて再三の好機を演出。シュート10本と名古屋の9本を上回ったが、最後の局面で連動に欠いた。指揮官は「数的優位を有効に使えない部分が多かった」と指摘する。
 攻め切れず、自らピンチを招いた。前半17分の先制点を失った場面。左サイドの道渕がサイドチェンジを狙ったがパスの軌道が低く、相手選...    
<記事全文を読む>