椎橋が大きく成長して帰ってきた。U-22(22歳以下)日本代表としてトゥーロン国際大会(フランス)で過去最高の準優勝に貢献。3試合に先発し、堅実なプレーでベストイレブンに選ばれた。「ブラジルに敗れた決勝に出場できず悔しいが、評価してもらったのはうれしい」と充実した表情で振り返る。
 18日の練習からチームに合流。遠征の疲れも感じさせず、元気にボールを追った。「トゥーロンで同世代の選手と対戦し、素直に『うまい』と思った一方で『やれる』と手応えもあった」と自信がみなぎる。代表の練習では大声を出して仲間をまとめた。「周囲への要求などは仙台でこそやらないといけない」。貴重な経験をチー...    
<記事全文を読む>