J2横浜FCに来季加入が内定した仙台大4年のMF松尾佑介(21)=170センチ、65キロ=が17日、仙台大で会見し、「素晴らしいチームで自分がどれだけ成長できるか楽しみ」と抱負を語った。仙台大からサッカーのプロ選手が誕生するのは10年連続。
 埼玉県出身の松尾はJ1浦和の下部組織を経て2016年に仙台大に進み、左サイドハーフの主力として活躍した。スピードに乗ったドリブル突破と左右両足とも使える精度の高いクロスやシュートが持ち味。
 同席した服部健二ゼネラルマネジャー(GM)からチームのユニホームを受け取った松尾は「自分の武器を伸ばし、チーム全体の武器にしたい」と笑顔...    
<記事全文を読む>