サッカーJ2のFC岐阜は18日、2017年から指揮を執っていた大木武監督(57)の契約を解除するとともに、新監督に前讃岐監督の北野誠氏(51)が就任すると発表した。

 北野氏は香川県出身。帝京高を卒業後、日立製作所(現柏)や京都パープルサンガ(現京都)でプレー。1998年から京都のジュニアユースコーチとして指導を始め、09年に熊本、10~18年には讃岐で監督を務めた。
 北野氏は「戦う気持ちを前面に出し、勝ち点を積み上げていく」とのコメントを発表した。

 岐阜は今季第18節までを終えて、3勝3分け12敗で最下位22位と低迷している。

...    
<記事全文を読む>