サッカーJ2で最下位22位に低迷するFC岐阜の大木武監督(57)が、成績不振を理由に退任することが17日、クラブ関係者への取材で分かった。クラブを運営する岐阜フットボールクラブが18日にも発表する。後任は未定。

 関係者によると、若手を着実に育て上げる手腕は評価が高く、直近の試合も攻守に粘りを見せる内容はあったが、15日の第18節大宮戦に1―2で敗れて6連敗。勝ち点は21位と5差に広がる成績不振が退任の大きな決め手となった。

 大木監督は2017年に就任し、今季3年目。細かいパス回しで圧倒する攻撃的サッカーで、1年目に2年連続20位だった順位を17位に引き上げた...    
<記事全文を読む>