明治安田J3第12節最終日は16日、長野Uスタジアムなどで5試合を行い、AC長野パルセイロは群馬に0―1で敗れた。3勝4分け5敗の勝ち点13で、前節12位から14位に後退した。

 AC長野は山口が中盤の左、大城が1・5列目で今季初先発。立ち上がりは攻め込まれたものの、速攻や両サイドから攻めて前半は0―0。選手交代で攻勢を強めた後半は好機を生かせず、ロスタイム4分に敵陣深くからのカウンターを受けて失点した。後半19分から途中出場した津田がJリーグ通算300試合出場を果たした。

 第13節は22、23日。AC長野は23日、横浜市のニッパツ三ツ沢球...    
<記事全文を読む>