サッカーJ2は15日、各地で第18節の9試合があった。レノファ山口は岡山市のシティライトスタジアムでファジアーノ岡山と対戦し、1―1で引き分けた。勝ち点を17に伸ばし、順位は暫定で19位に浮上した。

 山口は後半39分に得点を奪われたが、同44分にMF吉浜遼平選手がゴールを決めた。土壇場で引き分けに持ち込み、勝ち点1をもぎ取った。

 次節は22日、山口市の維新みらいふスタジアムでFC岐阜と対戦する。

...    
<記事全文を読む>