◆明治安田生命J1第15節 大分1―1名古屋(15日・昭和電工ドーム大分)

 チームに喜びはなかった。大分は勝ち点で並ぶ名古屋相手に1‐1のドロー。勝ち点1は獲得したものの、先制しながら4試合ぶりの白星を逃した。片野坂監督は「目標であるJ1残留に向けて突き詰めないといけない」と硬い表情で話した。

 試合開始から押し込まれながらも隙を逃さなかった。前半37分、三竿のシュートは相手GKにはじかれたが「流れたボールを触ろうと準備していた」とオナイウ。こぼれ球を冷静に流し込み、自身2試合連続、今季5本目のゴールで先制した。

 だが後半は大分のシュート2本に対...    
<記事全文を読む>