仙台のエース、石原直が11試合ぶりに先発出場。得点こそ挙げられなかったが、前線で存在感を発揮した。後半1分にはドリブル突破した道渕の右クロスを引いた動きで受け、惜しいシュートを放った。「久しぶりだったのでとりあえず思い切ってやろうと思った」と、まずまずの表情だった。
 苦戦が続き守備に重きを置いたチーム状況の中で出番が減っていた。課題を克服すべくハイプレスを徹底。「試合に出ていないときもしっかりトレーニングできた」と献身的に走った。FW陣は阿部とジャーメインの負傷で層が薄く、今後も出番は増えそうだ。「苦しいときこそ何か残さないといけない」。背番号11は試合に飢えて...    
<記事全文を読む>