手堅く、したたかに。仙台が落ち着いた試合運びでアウェー8戦目で初勝利を挙げた。J1でのアウェー通算50勝に王手をかけながら続いた足踏み。巧みな戦術の修正で道渕の移籍後初ゴールを引き出し、長かったトンネルを抜けた。
 前半36分、蜂須賀の右クロスが左サイドに流れたのを永戸が拾い、ゴール前に折り返す。飛び込んだのが右サイドハーフの道渕。マークが集中した長沢の背後を取り、フリーで頭で押し込んだ。道渕は「(永戸)勝也から良いボールが来ると思った。(長沢)駿君にも『自分を警戒して後ろが空く』と言われた」。鋭い読みが光った。
 布石があった。...    
<記事全文を読む>