第15節最終日(15日・サンプロアルウィンほか=6試合)仙台は松本に1-0で逃げ切り、今季開幕から続いたアウェーの連敗を7で止めた。5勝1分け9敗で勝ち点を16に伸ばし、13位に浮上した。松本は同16のままで14位に後退した。
 神戸がイニエスタの今季初ゴールで首位のFC東京を1-0で破り、フィンク新監督の初戦を白星で飾った。清水は横浜Mに3-2で逆転勝ちし、最下位を脱出した。
 大分-名古屋は1-1で引き分けた。浦和は鳥栖に2-1で競り勝ち、鳥栖は最下位に転落。磐田-G大阪は引き分けた。

(1)サンアル
仙...    
<記事全文を読む>