明治安田J1第15節第1日(14日・カシマスタジアムほか=3試合)鹿島はC大阪を2-0で下し、リーグ3試合ぶりの白星を挙げた。通算成績8勝3分け4敗、勝ち点27で順位は暫定3位。

鹿島は後半5分、レアンドロが獲得したPKをセルジーニョがゴール右下隅に決めて先制。27分には白崎がペナルティーエリア正面前から右足シュートを蹴り込んで加点した。

前節2位の川崎は後半に小林のゴールで追い付いて札幌と1-1で引き分け、勝ち点28とした。札幌は同24。

▽カシマ(観衆10,208人)
鹿島 8勝4敗3分け(27) 2-0 ...    
<記事全文を読む>