サッカー北信越リーグ1部は6月9日、各地で第5節4試合が行われた。福井県勢は福井ユナイテッドFCが坂井フェニックスとの県勢対決を9―2で制し開幕5連勝で首位をキープ。坂井は3連敗を喫し通算2勝3敗で4位のまま。

 福井ユナイテッドは前半、FW山田雄太のクロスをFW金村賢志郎が流し込んで先制するなど3―0で折り返した。後半は今季初の失点を許したが猛攻を続け6得点。山田は4得点を挙げ、2戦連続のハットトリックを達成した。

 坂井は後半3分、FW棗佑喜がPKを決めて1点返した。大差がついた40分、棗が再びゴールを挙げたが反撃は遅かった。

 次戦は23日、福...    
<記事全文を読む>