サッカーJ2は第17節第1日の8日、各地で7試合が行われた。モンテディオ山形は甲府市の山梨中銀スタジアムで甲府と対戦し、2―2で引き分けた。7試合連続で負けなし。通算成績は9勝6分け2敗で、暫定ながら首位を守った。

 山形は前節からスタメン4人を変更。非公開練習前に別メニュー調整だったDF栗山直樹が外れ、移籍直後のDF野田裕喜が最終ラインに入った。前半は0―0で折り返し。後半6分、FW阪野豊史が右CKのこぼれ球を右足で押し込んだ。同17分に追い付かれ、同22分に阪野がPKで勝ち越し点を奪ったが、ロスタイムに2度目の同点弾を浴びた。

 このほか、大宮は3―1で京都...    
<記事全文を読む>