サッカー・J1サガン鳥栖の選手が5、6の両日、県内の高校生と交流を深めるため、基山町の東明館高と佐賀市の龍谷高、高志館高の3校を訪問した。生徒は大喜びで出迎え、選手の高校時代の話などを興味津々に聞き入った。

 東明館高にはフェルナンド・トーレス選手や福田晃斗選手など8人が訪れた。選手たちは2人ずつの4班に分かれて1年生のクラスを訪れ、生徒たちの質問に答えた。このうち、ビクトル・イバルボ選手と原川力選手が訪れたクラスでは、生徒たちが両選手の個人チャント(応援歌)で歓迎し、両選手は照れたような笑顔を見せた。

 トーレス選手とニノ・ガロヴィッチ選手は、英語を中心に学ぶ...    
<記事全文を読む>