静岡県サッカー協会2種(高校年代)委員会は「サッカー王国・静岡」の復活に向け、高校年代の強化プロジェクトを始動させる。Jリーグクラブの協力を得て戦略的に選手個々の能力を鍛え、全国レベルのチームや選手を育成する狙いだ。県協会の服部康雄専務理事は「選手や指導者に刺激を与える仕掛けを次々に用意していきたい」と力を込める。
 第1弾として22、23日に御前崎市内で「静岡チャンピオンズリーグ(仮称)」を開催する。本年度は東海総体の出場権を逃したプリンスリーグ東海出場校が参加。県内の強豪校が切磋琢磨(せっさたくま)する機会を増やす。
 プロジェクトの本格的なスタートは来年1月か...    
<記事全文を読む>