J2山形が好調だ。リーグ戦42試合の3分の1を越えた16節を終えて9勝5分け2敗の勝ち点32で首位。リーグ屈指の堅守をベースにした粘り強い戦いでJ1昇格を争うライバルを一歩リードした。課題とする攻撃への素早い切り替えを磨き、2014年以来3度目の昇格決定を勝ち取る。
 2日のホーム鹿児島戦。試合開始早々にエースのFWジェフェルソンバイアーノが先制ゴールを奪い、ゴール前を固めてリードを守り抜いた。木山監督は「しっかり守れたのは良かった」と頑張りをたたえた。
 今季の山形は守備が手堅い。総失点9はリーグで3番目に少なく、無失点は9試合。被シュート112本はリーグ最少を誇...    
<記事全文を読む>