サッカーJ2は第16節最終日の2日、各地で7試合が行われた。モンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアム山形で鹿児島と対戦し、1―0で3試合ぶりに勝利した。引き分けを挟んで6戦負けなし。通算成績は9勝5分け2敗とし、第14節以来の首位に立った。

 山形はMF柳貴博が今季初先発した。前半6分、右サイドで得たFKにFWジェフェルソン・バイアーノが頭で合わせ、前半を1―0で折り返した。後半はピンチが多かったものの、GK櫛引政敏の好セーブなどで逃げ切った。

 このほか、京都は4―1で東京Vに快勝し、勝ち点29で4位。大宮は福岡と引き分けて5位に後退...    
<記事全文を読む>