横須賀市とサッカーJ1横浜F・マリノスを運営する横浜マリノス(横浜市港北区)は三十一日、JR久里浜駅近くにある「くりはまみんなの公園」をマリノスの練習場などに活用できるよう整備する基本協定書を結んだ。トップチームの練習拠点とする一方、市民らも利用できる公園にする予定で、二〇二二年九月の完成を目指す。

 新たな公園は、現状の二・二ヘクタールに、市が取得を目指している隣接の国有地を加えた約三・六ヘクタール。天然芝のサッカーグラウンド二面と人工芝のフットサルコート二面、トレーニング施設やカフェを備えた管理棟、芝生広場、周遊路などを整備する。

 総事業費は約六十四億円を...    
<記事全文を読む>